シュタイナー教育をNPO法人で実践しています。こどもの園(幼児部)と高等学園があります。

 

入園について

こどもの園(幼児部)

幼児部「こどもの園」について

こどもの園

いずみの学校の幼児部「こどもの園」は、海と山に囲まれた、自然環境に恵まれたところです。日々、子ども達がのびのびと園の生活をおくっています。

  • 優しい環境の中で

こどもの園は、大きな家庭のようなあり方をしています。
4歳~6歳(4歳の誕生日を迎えた年少~年長)の縦割りクラスで、年齢に応じた関係が自然に生まれます。
教師は、料理や縫い物、草むしりなど、子どもの傍らで,園の生活に必要な手仕事をします。

園内2

親たちが手造りした天然素材の遊具が置かれ、柔らかい光と色彩に包まれていす。園の1日は、自らの意思と想像力=創造力を使った自由遊びで始まります。おかたずけの後、季節にそった詩やことばに動きをつけたリズム遊び「ライゲン」をします。おやつを食べ、外遊び、お昼ご飯、お話と続きます。このような1日の繰り返しのリズムに加え、ペインティングの日、パンをこねる日などがあります。


  • リズムのある生活(例)
自由遊びライゲンおやつ
朝の集まりの後は室内で自由遊びの時間です。お片付けの後、季節の歌、詩や韻を踏んだ言葉に動きをつけた「ライゲン」を行います。園で毎日用意したおやつをいただきます。


外遊びお 昼お 話降 園
野外での自由遊びは、砂遊び、庭仕事、畑仕事などのほか、森へ散歩をすることもあります。月・金曜日は子ども達と作った玄米ごはんやパンスープを、火水木曜日は持参したお弁当を 食べます。降園前は、お話を聞きます。同じお話が3,4週間ほど続きます。人形劇を見ることもあります。降園時は、教師が子ども達をひとりひとりを抱きしめてさようならをします。

リズミカルな生活が毎日繰り返されることで、子どもの心は安定し、信頼する心や意志が育っていきます。基本的な1日の生活は同じように繰り返されますが、曜日ごと、月ごと、季節ごとの行事を行うことで、めりはりのあるリズムが生まれます。

>> こどもの園へのアクセス

>> こどもの園だより








powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional